ヨガやSPA、癒しの旅をしたいならこのツアー

女性専用プライベート海外ツアー「リボーンプログラム」

テレビ朝日やananで紹介されたツアープラン

心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラムです。
平均25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加している大人気ツアーです。

大人気の理由・・それは、ヨガ、ハーブ、

 

瞑想、スパ、占い、などなど
女性にとって嬉しいコンテンツがぎーっしり詰まってる!

その体験を、超有名パワースポットであり世界遺産の「アンコールワット」で満喫できます。

 

団体ツアーとは異なり、「貴女のための」ツアーなので、専用車。一人旅でも
専属ガイドが付き、英語不要で楽しめる、安心安全のプログラムです。

最近は海外の治安が気になるので女性には非常にオススメのプランです。

 



このような方にオススメです

頭がモヤモヤすっきりしない
いつもイライラしている

ヨガをもっと知りたいけど、一人で海外は、、、
体に疲れが溜まっている
私の人生これで大丈夫?

 

プログラムの詳細

捨てる

まずは日頃のカルマやストレスを断ち切ります。

私たちは彼らに触れる事や、容易に話しかける事もしません。それは暗黙のルールで、神に司る者という絶対的な存在のようです。
クルクメールの始まりも、もとを遡ると僧侶と言われていてカンボジアのシャーマンと言われています。


僧侶、クルクメール、シャーマンの関係は、切っても切れないゆかりの深いものだそうです。
カンボジアでは神の子と崇められる僧侶による儀式をします。早朝に始まる、掛け声と共に新たな人生が始まります。

2 毒出し
伝統ハーブの力で深部から温めて
循環のいい体へ

カンボジアの美の秘訣ははチュポンに根源があり、妊娠時、出産時、産後など、女性にとって大いなるパワーが必要となる時に、この伝統により新たな「生」が守られてきたと言います。

伝統医療師であるクルクメールによってハーブを特別調合された薬草のサウナです。30分の入浴でハーブの効能によって体内の血行が良くなり、身体中のの毒素が排出されます。

何種類ものハーブの香りが鼻から皮膚から浸透していくようで、サウナ状態というのもあり、めちゃくちゃ気持ちよかったです!

暑かったけどずっと入っていたいような気持ちよさで、クラクラでした。

 

3 吸収

ハーブのエキスを心と体に浸透させる

リセットされた心と体に、カンボジアの伝統や歴史とは切り離す事のできないハーブのエキスを心と体に時間をかけて染み込ませていきます。

スパの室内にはハーブの香りが広がって、アロマとはまた違う歴史を感じる癒しの空間です。

マッサージに使うハーブボールは、クルクメールの叡智が集結された極上の一品です。カンボジア産の新鮮ハーブをクルクメールが森や山で収穫し、厳選調合した唯一無二のマッサージです。

これもまた眠ってしまったのですが、極上の気持ちよさでした。

異国の地のエネルギーも新鮮だったのか今まで味わったことのない感覚でまた受けに行きたいです。

4 未来を知る

貧しい集落に必ず存在する
人々の心を明るく照らす存在

カンボジア国内でトップクラスの的中率を誇る占い師の村に行きます。
占いが昔から伝統文化であるカンボジア。
村人は恋愛、仕事、結婚、将来、人間関係、多くのイベント前には常に行列をなし占い師のもとに訪れます。


カンボジアの村人の生活を支える指折り占い師に過去、現在、未来を、さまざまな手法で占ってもらえます。

つなぐ

「神の意思を受け継ぐ」とされた
生きるスピリチュアル

『クルクメール』とはカンボジアの大地に原生する 数千種類とも言われるのハーブを用いて人々の病気を治す医療師のこと。
医療だけでなく生命学、神学、哲学、あらゆる学問に精通し、人々から尊敬され、カンボジアの歴史においてなくてはならない心の支えてなってきたようです。


そんなクルクメールと一緒に、ハーブの効能を学べる大変貴重な体験です。

 

集落に行き現地の人々子供達とふれあい一緒に食事をします。

浴びる

世界が誇るパワースポットで
スピリチュアルエナジーを浴びる

アンコール遺跡群の頂点である巨大な神々の住処です。僧侶が修行する神聖な場所でもあるそうです。

 

 

 

『スラオイタック』か『ジャスミンブレッシング』悩み、病気、悪運、悪いものは全て流し去る「聖水」厄払いです。

とても不思議な感覚でした。これがいわゆる「祝福」なんだなと。生まれてきて祝福されていると心から感じ感謝した儀式でした。本当に貴重な経験になりました。

アンコールワットで拝む日の出のパワーや新鮮な空気、神秘的な空間は、日常のすべてを忘れ、あなたを新しく生まれ変わらせてくれる。

愛する

異国の子供達の笑顔に癒され
視界が変わる

ここでは電気もガスもないところで、とっても不自由な環境にもかかわらず子供もおばさん、おじさんもみんなとっても笑顔が素晴らしくて優しい人たちばかりでした。


日本での日常とは、かけはなれた世界がカンボジアに広がっていて、自分の悩みが、彼らの住んでる世界から見たら実は、とても贅沢であった事。
私は日本でヨガを教えていますが、まだまだちっさなことでイライラしたり、いつまでも悔やんだりしていました。

でもこのツアーに参加して、環境がこんなに不自由でもどうしてこんなに豊かな笑顔になるんだろう?と不思議なくらいでした。

私なりに感じたのは、カンボジアの人たちは夢や憧れはあるけど、それに執着していないということ。1日1日を感謝して生きているように見えました。

まさにヨガの教えそのものだと思いました。それから私の日本での生活やヨガのレッスンはガラッと変わりました。

そのくらい素晴らしい体験をさせていただきました。

 

申し込みはこちら