ホットヨガとヨガを上手に使い分ける

さて、今日のお話は「ホットヨガとヨガの違い」について、もう一度、よく聞かれるのでお話してみます。わたしもどちらもレッスンしていますが「ホットヨガと常温ヨガ、どちらにするか?」まったく別物と感じるこの二つ、デトックスや筋トレ効果など、、目的別に選べるように上手に使い分けるコツをご紹介しようと思います。

《ホットヨガ》

発汗作用でデトックス効果があり、スッキリ。ホットヨガは室温を温めたり、岩盤や宴席効果で温めたり、加湿を行うことで高温多湿の環境下でたくさんの汗をかけるような環境のなかでヨガをします。身体がすぐに温まって普段より、身体を動かしやすくなります。そして、浮腫みがひどい方は、水分が体内から出るので、すっきりとした心地よさを感じやすいです。

普段ほとんど動いていない方、あまりにも冷えがひどい方にはおすすめです。ただホットヨガ中の代謝の上がった体は、普段よりも敏感な状態になります。ダウンドッグ、逆立ちのポーズなど、逆さになるポーズ、アーサナは立ちくらみ等の症状がでやすくなるので注意しましょう。それから汗を沢山かいているとマットに設置している足の裏や手のひらは滑りやすい状態です。バランスが必要なポーズ、アーサナもマイペースにトライしましょう。

 《常温ヨガ》

は筋肉をしっかりと養うものと言えます。ホットヨガは、外部の熱で身体を温めるものですがそれに対して常温ヨガは、自分の身体の中から熱を生みだすもの。といったところでしょうか。常温のヨガはホットヨガよりよりしっかり呼吸法を実践しながら、全身の筋肉をがっつりと養っていきます。わたし達の身体では、熱を生み出す筋肉です。ヴィンヤサヨガ、フローヨガと呼ばれる動きは、呼吸に合わせて動き続けるスタイルなので、しっかり筋肉が使えていれば、沢山汗をかくことも出来ますね。さらに呼吸とともに養われる筋肉というのは、遅筋と言い細くしなやかな筋肉なんでです。ムキムキした速筋と違って、私たち女性にピッタリの筋肉です。呼吸法や瞑想などと、日常を穏やかに心地よく過ごしてゆく手助けになるようなエッセンスがたっぷりあります。

《ホットヨガ》と《常温ヨガ》ぜひ使い分けてトライしながらも楽しんでくださいね。