ホットヨガで行う主な動き、ポーズの種類

ホットヨガで行う主な動きの種類

高温多湿の環境で行うホットヨガのポーズや動きの種類は、現在のところ常温で行われるヨガほど多様ではありません。

例えばアシュタンガヨガと呼ばれる高度なアーサナ(ポーズ)をとる激しすぎる動きでは、いくら水分補給しても体が追いつかず、脱水状態になってしまいます。

よくあるプログラムでは「ハタヨガ」「リラックスヨガ」「ヴィンサヤヨガ」などで、目的別に分かりやすくしたプログラムもあり、

美容健康なら「ビューティーヨガ」「骨盤コンディショニングヨガ」「美脚ヨガ」

ダイエットなら「シェイプアップヨガ」「デトックスヨガ」「脂肪燃焼ヨガ」「パワーヨガ」

リラックスなら「アロマヨガ」「リラックスヨガ」「陰ヨガ」などがあります。

最近では妊婦さんや産後の方向けに「マタニティヨガ」なんかもあります。

ホットヨガでは呼吸法とストレッチのようなアーサナをメインに、普段使わない筋肉を動かします。

スタジオによってはパワーヨガと呼ばれるアウトマッスルも積極的に使うシェイプアップを目的にするヨガもあります。

また、ホットヨガの呼吸では、普段の生活で自然に行っている「胸式呼吸」と、お腹の深いところから呼吸をする「腹式呼吸」を使い分けたりもします。

交感神経を刺激する胸式呼吸は、ポーズを取ったり、アウトマッスル中心の体を鍛えたりするときに行います。上級者の中では腹式呼吸で刺激の強めなアーサナをやる場合もあります。

一方、全身の緊張をときほぐし、副交感神経を刺激する腹式呼吸は、瞑想やクールダウンしたいときに行う傾向があります。

身も心もホットヨガですっきりデトックス!

いつもと違う非日常の環境下で行うホットヨガですが、目的や正しい知識を得ることで不安を解消することができます。ホットヨガでは本当に驚くほど大量の汗をかくので、バスタオルやタオルを数枚用意するといいでしょう。適度な運動による発汗は、体質改善、ストレス解消や新陳代謝の向上、筋力アップや効率よい脂肪燃焼につながります。ホットヨガの正しい目的や意味を知り、健康的な体をゲットしましょう!